So-net無料ブログ作成
検索選択

首相、開き直り? 「秘書と政治家、同罪ではない」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は22日午後の衆院予算委員会で、野党時代に「秘書の責任は政治家の責任」と述べていたことについて、「秘書と政治家が同罪ということを言ったのではない」と釈明した。首相は自らの資金管理団体の偽装献金事件で元公設秘書が在宅起訴されたが、自身の過去の発言を修正した格好だ。一方、首相は「秘書が行ったことに関して政治家が何らかの罰、責任を感じるのは当然だ」とも述べた。公明党の井上義久幹事長の質問に答えた。

【関連記事】
首相、勘違い? 朝三暮四と朝令暮改を混同
党首直接対決 重い空気漂う 執拗な谷垣氏 耐え忍ぶ首相
首相「起訴ないこと望む」発言を撤回 衆院予算委
鳩山首相「違う事実が出ればバッジつける資格ない」 偽装献金問題
鳩山首相「日航社員は安住してはならない」

名護市長選 移設反対派の稲嶺氏が当選確実(毎日新聞)
元フィギュアコーチに懲役7年=教え子の女子中生に暴行−名古屋地裁(時事通信)
政治とカネ焦点、緊迫化も=通常国会、18日に召集(時事通信)
<自民党>中堅・若手議員が「70歳定年制」厳守の決議要求(毎日新聞)
国会改革法案、施政方針後に提出=民主(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。