So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

「坂の上の雲」英訳本刊行へ 全4巻2年後めど(産経新聞)

 本紙で昭和43年から47年まで連載された、作家の司馬遼太郎の長編歴史小説「坂の上の雲」を英訳出版する計画が進んでいる。企画を主導しているのは、日本文献出版(千葉県松戸市)の斎藤純生(すみお)社主(73)。新聞独特の文章構成や言い回しが外国人に受け入れられるよう配慮し、日本の文学作品などの翻訳実績がある学者3人に英訳を依頼。現在約3分の1を訳出し、平成24年中の刊行を目指している。

 総発行部数が2千万部を超えている「坂の上−」について、斎藤社主は「歴史家ではなくジャーナリストの視点で、膨大な資料を使い非常に客観的に描いている。文章も流麗で、トルストイの『戦争と平和』に匹敵する立派な作品」と高く評価。英訳の意義は大きいとみている。

 斎藤社主は、国際的には知られていない日本の名著・古典を英文で発信しようと平成13年に同社を設立。14年には明治初年の岩倉使節団の公式報告書「特命全権大使米欧回覧実記」の英訳を出版し、同年の日本翻訳出版文化賞を受賞した。

 「坂の上−」は、8巻という膨大な分量や、話が進むたびにそれまでの内容を振り返る新聞小説独特の文体など、外国の読者が親しみにくい要素もあり、翻訳出版は難しいとされていた。かつて国際交流基金が米マサチューセッツ大のウィリアム・ナフ名誉教授に英訳を依頼し、1次訳までは完成したこともあったが、17年にナフ名誉教授が亡くなったため未完に終わっていた。

 今回は駿河台大学のポール・マッカーシー教授、同志社女子大のジュリエットカーペンター教授、英ノッティンガム大のアンドリュー・コビング准教授の3人に翻訳を依頼。編集者、監修者も別に選んでいる。外国読者向けに配慮を加え、全4巻に収める予定。

【施政方針演説】全文(6) 世界に新たな価値を発信する日本「文化融合の国」(産経新聞)
水俣病集団訴訟、熊本地裁が和解勧告(読売新聞)
社民党 幹部ポスト3日空席、「党首の調整不足」の批判も(毎日新聞)
石川容疑者「不正はない」 民主党議員にコメント(産経新聞)
囲碁 謝依旻が女流3冠制覇 7年ぶり2人目(毎日新聞)

山崎前副総裁 公認問題決着後、進退自ら判断(毎日新聞)

 昨夏の衆院選福岡2区で落選した自民党の山崎拓前副総裁(73)は25日、同氏が政界引退の意向とする一部報道について、福岡市内で報道陣に対し「(公認問題を)今週中に決着してもらいたい」と述べ、党に求めている参院選比例代表での公認問題決着後に自らの進退を判断する考えを示した。だが自民党は「70歳定年制」に抵触することなどを理由に公認しない方針で、党内からは政界引退との見方もあり、山崎氏の決断が注目される。

 山崎氏は国政復帰を狙い、自民党の谷垣禎一総裁に今夏の参院選での公認を要請。公認が得られない場合、自民党を離党し、国民新党からの出馬や新党結成の可能性も示唆していた。山崎氏周辺によると、山崎氏は「公認されなければ新党結成か政界引退しかない」と話しているという。

 山崎氏はこの日、報道陣に「政界引退はない。公認されなければ離党する」と政界引退を否定。離党してでも参院選に出馬する意向を強調したが、離党については後援会や系列地方議員が強く反対しており、難しい情勢となっている。【川名壮志】

【関連ニュース
自民党:「70歳定年」賛否相次ぐ
自民:山崎拓、保岡氏は公認せず 参院選比例で方針固める
参院選:山崎氏、参院選出馬の意思固く 自民執行部に苦悩
選挙:参院選 自民・青木氏、出馬正式表明 選挙区定年なし、執行部批判再燃も
選挙:参院選 山崎拓氏らベテラン「出たい」 自民執行部、対応に苦慮

要介護認定のバラツキ是正「一定程度達成」−日医(医療介護CBニュース)
小沢氏、続投を表明=「職責を全う」(時事通信)
日航株、一時1円(時事通信)
<宮崎市長選>元旧佐土原町長の戸敷正氏が初当選(毎日新聞)
<掘り出しニュース>唐ワンくんに手編みマフラー「うれしいワン」(毎日新聞)

小沢氏続投、支持相次ぐ=事情聴取受け閣僚が発言(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長が、資金管理団体の政治資金規正法違反事件で東京地検特捜部の事情聴取を受けたことに関し、26日夜の閣議後の記者会見で各閣僚から発言が相次いだ。小沢氏の幹事長続投については、いずれも支持する考えを示した。
 前原誠司国土交通相は「1回の取り調べで本当に国民がすべて納得できるかといえば、恐らくできないと思う」と指摘。ただ、小沢氏の進退に関しては「幹事長が自らはやましいことは一切ないと言っている以上、続投していただくことが現時点での判断ではないか」と述べた。
 直嶋正行経済産業相は「現状ではお辞めいただく理由はない。続投でいい」と強調。長妻昭厚生労働相も「党大会で続投が了承されている。必要があるときに本人が今後とも説明すると思う」と語った。
 中井洽国家公安委員長は「幹事長の任期はまだまだあり、何も問題ない」とし、川端達夫文部科学相も「鳩山由紀夫代表(首相)が続投を言った以上、組織人としては了としたい」と同調した。
 一方、小沢鋭仁環境相は「政局への影響は決してないわけではない」と懸念を表明。「必要があればいろんな機会に自分の思いを語ってもらうことは期待したい」と、説明責任を尽くすよう促した。千葉景子法相は「捜査活動にかかわるのでコメントは差し控える。公平、公正な捜査に不当な介入をするつもりはない」と述べるにとどめた。 

【関連ニュース
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

線路に自転車、列車衝突=JR日豊線−大分(時事通信)
京都市バスが電柱に衝突 乗客ら9人軽傷(産経新聞)
「ガンつけた」バイク追跡し暴行、重傷負わす 容疑の少年ら3人逮捕(産経新聞)
<政教分離>市有地に神社は違憲 最高裁(毎日新聞)
7億円詐取容疑で近ツー元社員を逮捕 大阪地検(産経新聞)

江戸川で郵便局強盗 500万円奪い男が逃走(産経新聞)

 18日午前10時ごろ、江戸川中葛西の「江戸川中葛西一郵便局」に男が侵入、女性局員(44)らにナイフのようなものを突きつけて「カネを出せ」と脅し、現金約500万円を奪い自転車で逃走した。局内には局員や客約10人がいたが、けがはなかった。葛西署は強盗事件として捜査している。

 同署によると、男は50歳ぐらいで身長160センチぐらい。緑色のジャンパーに白いズボン姿で、目出し帽をかぶり、白いマスクをしていた。同区内では今月7日と9日、現金が奪われた郵便局から約1キロ以内にある別の郵便局やコンビニに刃物を持った男が侵入、金を奪おうとする強盗未遂事件が発生していた。

子ども手当はハイチ支援の倍以上!みんなの党・渡辺代表が批判(産経新聞)
「カルガモ走法」でETCすり抜け=計460回か、運送業者逮捕−兵庫県警(時事通信)
誤投与で80歳代男性患者死亡 愛媛県立新居浜病院(産経新聞)
両陛下ご宿泊 老舗旅館で不法就労 容疑の社長きょう書類送検(産経新聞)
橋下知事がベトナム主席と会談、友好強化訴え(読売新聞)

首相、開き直り? 「秘書と政治家、同罪ではない」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は22日午後の衆院予算委員会で、野党時代に「秘書の責任は政治家の責任」と述べていたことについて、「秘書と政治家が同罪ということを言ったのではない」と釈明した。首相は自らの資金管理団体の偽装献金事件で元公設秘書が在宅起訴されたが、自身の過去の発言を修正した格好だ。一方、首相は「秘書が行ったことに関して政治家が何らかの罰、責任を感じるのは当然だ」とも述べた。公明党の井上義久幹事長の質問に答えた。

【関連記事】
首相、勘違い? 朝三暮四と朝令暮改を混同
党首直接対決 重い空気漂う 執拗な谷垣氏 耐え忍ぶ首相
首相「起訴ないこと望む」発言を撤回 衆院予算委
鳩山首相「違う事実が出ればバッジつける資格ない」 偽装献金問題
鳩山首相「日航社員は安住してはならない」

名護市長選 移設反対派の稲嶺氏が当選確実(毎日新聞)
元フィギュアコーチに懲役7年=教え子の女子中生に暴行−名古屋地裁(時事通信)
政治とカネ焦点、緊迫化も=通常国会、18日に召集(時事通信)
<自民党>中堅・若手議員が「70歳定年制」厳守の決議要求(毎日新聞)
国会改革法案、施政方針後に提出=民主(時事通信)

「アバター」が作品賞、監督賞の2冠−米Gグローブ賞(時事通信)

 【ロサンゼルス時事】米アカデミー賞の前哨戦とされる、第67回ゴールデン・グローブ賞(ハリウッド外国人記者協会主催)が17日発表され、SF大作「アバター」(ジェームズ・キャメロン監督)がドラマ部門の作品賞と監督賞の2冠に輝いた。
 同作品は未知の惑星「パンドラ」を舞台に、惑星の先住民と彼らの遺伝子を組み込んだ分身(アバター)をつくって資源採掘に乗り出した人類の戦いを描いた。昨年12月に世界公開されたばかりだが、話題の3次元(3D)映像技術と好調な興行収入にとどまらず、今後の受賞レースも注目される。
 また、ミュージカル・コメディー部門の作品賞は、歓楽街ラスベガスで独身最後の男性らの酔狂ぶりを描いた「The Hangover」(トッド・フィリップス監督)が選ばれた。 

【関連ニュース
【特集】ギターの達人〜超絶技巧の世界〜
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕ミクロの世界
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕往年の海外ムービースター

民主対策チーム「行政への圧力」=大島氏(時事通信)
新型ワクチン余る公算、解約交渉も検討−長妻厚労相(医療介護CBニュース)
ハイチに自衛官派遣(時事通信)
自民党 青木氏が出馬表明 高齢批判に反論(毎日新聞)
<在韓被爆者訴訟>長崎地裁で和解 1次原告127人(毎日新聞)

「砂の文化」発信 鳥取砂丘砂像連盟が発足(産経新聞)

 砂の彫刻「砂像」に代表される鳥取市の砂の文化を全国に発信しようと、市内の若者らが「鳥取砂丘砂像連盟」を結成した。日本砂像連盟(本部・鹿児島県南さつま市)に加入し、南さつま市の吹上浜で毎年開かれる砂の彫刻国内選手権への出場をはじめ、地元による砂像制作の技術向上や普及に取り組む。

 鳥取砂丘の砂像制作は約10年前、合併前の旧福部村時代に始まり、平成16年に地元有志による「福部砂像研究会」が発足。アートとしての砂像制作について先進地の南さつま市(当時、旧加世田市)から指導を受けたことから、17年の砂の彫刻選手権に出場した経緯がある。

 砂像を観光の目玉にしようという動きは合併後の鳥取市に受け継がれ、今年は第4期の「砂の美術館」の展示が計画されているほか、昨年は「世界砂像フェスティバル」の開催が実現するなど砂丘を訪れる観光客の増加に結びついている。

 連盟のメンバーは、福部砂像研究会の会員や砂像マイスターを含め計11人。木村和久・市観光協会企画営業部長が会長に選ばれた。

 木村会長は「日本砂像連盟鳥取支部ということにもなり、世界砂像連盟のネットワークを使って、世界のレベルや砂像イベント運営ノウハウを知ることができる。本部をはじめ、国内の他の5支部との交流も進めたい」と話している。

【関連記事】
新酒まろやか「ハネ木搾り」 福岡・糸島酒造
あったかい大寒 島根大生が寒中水泳
切手「ふるさとの花」3月8日発売 郵便会社
鳥取・境港でカニ感謝祭
越冬ナベヅルの観察ツアー 山口・八代盆地

NTT西に業務改善命令へ=顧客情報漏えい問題で−総務省(時事通信)
小沢不動産事件で首相「起訴がないこと望む」(産経新聞)
<火災>桑田真澄さんの父、泰次さんが死亡 住宅が全焼(毎日新聞)
民主党やテレ朝に銃弾?入り封筒 小沢幹事長絡みの文書同封(産経新聞)
<海上自衛隊>インド洋での給油活動が終了(毎日新聞)

小沢氏、長崎でも熱弁…自民県連は糾弾の集い(読売新聞)

 小沢幹事長は17日、長崎市のホテルで開かれた党長崎県連主催のパーティーに出席し、同県知事選(2月4日告示、21日投開票)での党推薦候補を激励したが、自らの資金管理団体「陸山会」を巡る事件にはほとんど触れなかった。

 パーティーには、知事選に立候補予定の元農林水産省室長、橋本剛氏(40)ら約2000人が出席。笑顔で登壇した小沢氏は、党の政策について熱弁を振るった。しかし、事件については「お騒がせしておりまして、大変恐縮しております」と手短に述べただけだった。

 高木義明・県連代表は「(事件が選挙に)影響無いと言えばうそになる」と述べ、次期参院選に立候補予定の犬塚直史参院議員(55)は「逆風になりつつある。予算審議もまともにできるか心配だ」と表情を曇らせた。

 一方、知事選で別候補の支援を予定している自民党長崎県連は、直後に市内の別のホテルで、小沢氏を糾弾する「県民の集い」を開き、真相究明を求める決議を採択した。

 事件を追及してきた税理士の西田昌司・自民党参院議員が経緯を説明し、「白昼堂々と政治資金規正法に違反して集めたカネで不動産を買っている。常識で考えられない」などと批判した。

「小沢さん、厳しいねえ」反小沢陣営からは…(産経新聞)
元理研研究員らに有罪=背任事件−東京地裁(時事通信)
福、願いまして〜今宮戎神社(産経新聞)
余っても解約条項なし=輸入ワクチン、大量廃棄も−厚労省(時事通信)
政治資金はクリーンに 首相(産経新聞)

「ご迷惑お掛けした」=石川議員がコメント(時事通信)

 政治資金規正法違反容疑で逮捕された衆院議員石川知裕容疑者(36)は19日、弁護人を通じて、地元支援者らに「ご迷惑をお掛けしたことをおわびしたい」とするコメントを出した。地元事務所秘書が公表した。
 コメントで石川容疑者は「収支報告書の事務処理が不適当だった」とした上で、地元の有権者や後援会員に謝罪した。同容疑者の秘書は「報道されている不正な資金の流れについて、議員は全く身に覚えがなく、潔白だとしている」と述べた。 

【関連ニュース
〔写真ニュース〕中堅ゼネコンを捜索=東京地検
〔用語解説〕「政治資金規正法」
中堅ゼネコンを捜索=岩手のダム工事受注
「確認書」の日付偽装=07年公表の文書
小沢氏、聴取応じる方針=東京地検に近く回答へ

小池百合子氏「自民党幹事長なら、即死」と小沢氏批判(スポーツ報知)
市街地、がれきで白っぽく=ハイチ地震、衛星で撮影−宇宙機構(時事通信)
<訃報>大塚恵香さん89歳=毎日書道展参与会員(毎日新聞)
機密費2・5億支出、河村元官房長官を背任で告発(読売新聞)
【このまま気まま】編集委員・荻原靖史 龍馬は、日本の希望じゃ(産経新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。